会員制交際クラブ(デートクラブ) 「私のあしながおじさん」が運営するお役立ち恋愛情報コラムサイト

不倫のパートナーとの秘かな恋愛

by デートクラブコラムニスト W 2017.10.19

花の冠をもった二人
皆さん初めまして。皆さんは今、燃えるような恋愛をしていますか?
例えるのなら初恋のような恋、付き合い立てのような恋です。

今の彼女、もしくは妻との付き合いが長くなり、徐々にマンネリが始まっている方も少なくないのではないでしょうか? もしもそんな方がいるのなら、思い切って「不倫」してみませんか?

世間では不倫は悪いものと言われていますが、私はそれほど悪いものではないと思っています。
不倫をすることで表れる変化はどんなことが起こったとしても、結果的には良いものになると私は思っています。

とは言っても、皆さん、それだけでは不倫の悪い印象を払拭することは容易にはできないでしょうから、今回は不倫のメリットや素晴らしさを皆さんにご紹介させていただきたいと思います。
この説明で少しでも皆さんの不倫へのイメージを変えることができれば私としては嬉しい限りです。

不倫とは悪いものなのか?

皆さん不倫は悪いものと考えていると思いますが、どの辺りが悪いと考えていますか? 確かに文字の意味としては倫理を否定する、といった意味を持っているので、そのままのイメージを取れば悪いものにしか見えませんが、色々な側面から意味を捉えることができるのが言葉の面白い部分です。

皆さんが一般的に思い浮かべるような不倫はおそらく結婚をするような仲だったにも関わらずに、パートナーを裏切って他の異性と関係を持つから悪いものだと思われていると思います。

確かにテレビやネットのニュースで皆さんが目にする不倫はこのようなものが多いかもしれません。ですが、実際はこれだけが、不倫の形というわけではありません。こういったものしか皆さんの耳には届かないので、悪い印象を持っているだけであって、お互いに同意の上で和解する形の不倫というのも世の中には存在します。

例えばですが、パートナーから自分への扱いが結婚初めの頃よりも雑になっていたらどうでしょうか? 性的な相手をしてくれなかったり、働いてもいないのに家事すらしてくれない。そんなパートナーだったら愛想を尽かしてしまっても仕方ありません。

それに両親や知人に祝われている手前、それだけの理由でおいそれと離婚するわけにもいきません。ましてやお子さんがいるのなら、離婚なんてしてしまったら、多感な時期の子どもの心に何か遺恨を残してしまうかもしれません。

自分だけの問題なら、自己責任でいくらでもできますが、他人を巻き込むようなことを簡単にしてしまうのはそれこそ倫理に反する行為だと私は考えます。

だからこそ、そんな時に早まって離婚してしまわないように、まずは不倫から始めてみましょう。そこから始まる密かな恋愛の形もありますし、停滞した皆さんの恋愛事情が再び動き出すきっかけになるかもしれませんよ。

不倫パートナーの探し方

不倫はしてみたかったけれど、不倫パートナーなんて中々見つけられないだろうから、諦めていたという方も多くいらっしゃると思います。確かに不倫パートナーというのは出会う方法を知っておかないと中々出会えないものです。

世間的に不倫は印象の悪いものですからね、直球で不倫しませんか? なんて普通の女性に聞いても中々OKしてもらえません。

しかも、世の中にある出会いの場なんてものはほとんど恋人・結婚相手・趣味友を探すような場所ですから、不倫や愛人関係なんて中々築くことができません。

その中でも確率の高い方法と言えばやはり出会い系サイトですね。
出会い系サイトは比較的、不倫や愛人文化に寛容な人が多く集まりますから、見つけやすいと言えば見つけやすいです。

ただしその分質の悪い異性が多く潜んでいますから、常に危険が付きまとう可能性があります。微妙な女性だと気持ちも盛り上がりませんし。せっかくの不倫だというのに楽しい恋愛も楽しめません。

せっかく不倫するのですから、初恋や付き合い立てを思い出せるような恋愛をしたいですよね。あの頃の熱い想いを思い出せるのも不倫の良さですから。

もし、質の高い不倫パートナーを探したいのでしたら、デートクラブなどおすすめですよ。
ここは出会いを求められる場所で、不倫パートナーももちろん募集している方が多いですから、不倫パートナー探しも簡単にできます。

不倫で一点気を付けて欲しいことは共依存になってしまいがちな点ですね。
不倫関係は互いにバレてはいけない秘密を共有し合う場合が多いですから、共犯者意識が芽生えて共依存になりがちです。

ある意味では吊り橋効果に近いものがありますね。倫理に外れた行為をする背徳感によるドキドキ感をお互いの恋心と錯覚してしまうわけです。

この関係に陥ると恋愛としては楽しいものがあるとは思いますが、かなりの確率でそちらになびいて離婚することになるでしょう。元より離婚する気で、不倫パートナーに本気で恋をしても良いというのであれば構いませんが、そうでないなら距離感は適切に取るようにしましょう。
花壇を撮影する女の子

会員登録